ビーソフテンローション

ビーソフテンローション

ビーソフテンローションの成分

医薬品であるビーソフテンローションの成分ですが、

 

『ヘパリン類似物質3.0mG』と書いてあるだけです。

 

他の物質は何が入っているのでしょうか?実はビーソフテンローションは医薬用でありますが、一般的に売られている市販品『ピアソンHP』と同じものです。

 

このピアソンHPの成分は、

ヘパリン類似物質0.3mG

 

添加物カルボキシビニルポリマー,ヒプロメロース(ヒドロキシプロピルメチルセルロース),ポリオキシエチレン(160)ポリオキシプロピレン(30)グリコール,1,3-ブチレングリコール,濃グリセリン,トリエタノールアミン,パラオキシ安息香酸メチル,パラオキシ安息香酸プロピル

 

なので、ビーソフテンローションも同じ成分がはいっております。

 

ビーソフテンローション

 

安息香酸はパラベンの一種ですが、これらは保存料、防カビに使用されており、一般的な化粧品でも配合されていることが多いです。それほど強い毒性は無いため気にする必要はないでしょう。

 

そもそもパラベンフリーも魅力ですが、腐りやすいのかも?!と思います。
微量しか入っていないため、気にする必要は個人的には無いと考えております。

 

もし問題があるのでしたら、ビーソフテンローションを使って、『肌荒れが治る』のでしょうか?パラベンが問題ありとするならビーソフテンローションはダメであり、治りません、私自身すごく肌荒れに助かっているローションなので、実体験として大丈夫ですよ。

 

ヘパリン類似物質とは

 

ヘパリン類似物質がビーソフテンローションの主力成分ですが、これは、ヒアルロン酸やコンドロイチンと言った成分の仲間で『ムコ多糖類』のひとつ。

 

コンドロイチンは軟骨のサプリメントによく使われておりますし、ヒアルロン酸は御存知の通り保湿に大変有用な成分。これらと似せてあるのが、ヘパリン類似物質というわけですね。そのものではないですが、似ている働きをするもの。
これはコンドロイチンを原料として作られたもので天然由来成分で安心なんです。

 

コンドロイチンはサメの軟骨などの成分で保湿や潤いの成分です。目の瞳にも良いとされています。

 

ビーソフテンローションの効果

 

  • 肌のバリアの回復、そして潤い、外の刺激を保護
  • 血行促進されて、代謝が活発となり、肌の再生を促す
  • 炎症を抑える

 

これは本当に実感としております。なかなか良い使いごこちです。

 

ビーソフテンローション通販

 

ビーソフテンローションの一般品【ピアソンHP】はネットでも買えるため、この機会にどうぞ。

 

【第2類医薬品】ピアソンHP クリーム 50g 4987074300105

 

 

 

ホーム RSS購読 サイトマップ
美白になる方法 肌荒れを改善、治す方法は?! 毛穴の開き 体の中からきれいに 980円美顔器